外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国の人権活動家、盧海濤氏(37)が昨年12月、北京の米国大使館に保護され、妻と共に渡米していたことが7日、分かった。事実上の亡命とみられる。昨年11月の習近平指導部発足後に中国の活動家が米国保護下で出国したケースが明らかになったのは初めて。盧氏は昨年5月に渡米した盲目の人権活動家、陳光誠氏を支援するなどして当局に監視や暴行など執拗な嫌がらせを受けていた。盧氏が共同通信に明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信