外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランス公共ラジオによると、2011年の世界の絵画競売市場で中国人の張大千氏(1899~1983年)の作品が、スペインの画家パブロ・ピカソ(1881~1973年)の作品を抜き取引額でトップとなった。フランスのネット画商アートプライスが23日明らかにした。アートプライスによると、中国の絵画競売市場は2010年以来、取引額世界一の活況を呈している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信