外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】北方領土の国後島を20日、中国の「著名な漁業企業」に所属していると名乗る中国人6人が訪問、水産加工場や港湾施設などを視察した。投資や合弁事業などの可能性を探るためとされる。同島関係筋が明らかにした。一行のうち4人は昨年、同島で野菜栽培にも従事していたとされる。一行は21日まで国後島に滞在し、地元行政当局者や農業関係者との面会も予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信