外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】複数の中朝関係筋は31日、北朝鮮の金正日総書記が5月上旬に訪中し、北京で中国の胡錦濤国家主席と会談した際、自身の三男、金ジョンウン氏の後継体制構築について説明していたと明らかにした。金総書記は8月30日までの中国訪問で「(友好関係を)代を継いで強化発展させる」などと発言。異例ともいえる今回の訪中は、後継体制に関する中国側の理解と支持を確認する目的だった可能性も。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信