外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【香港共同】30日付の香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国共産党の習近平総書記(国家主席)ら指導部が、周永康元政治局常務委員を汚職の疑いで調査することに合意したと報じた。複数の消息筋の話として伝えた。周氏は、昨年11月の党大会で引退するまで司法部門トップを務め、絶大な権力を握っていた。周氏を調査することで、汚職撲滅への強い姿勢を打ち出すのが狙いだとしている。

共同通信