外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国最高指導部のメンバーである王岐山副首相が今月18日に米国を訪問することが分かった。ホワイトハウスでオバマ大統領と会談する方向で米側と調整している。関係筋が6日明らかにした。王副首相は習近平共産党総書記をトップとする7人の政治局常務委員の1人で、新指導部メンバーの訪米は初めて。先月発足したばかりの習指導部が対米外交を始動させ、2期目のオバマ政権との関係構築に乗り出す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信