外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【蘆山共同】中国四川省雅安市蘆山県で起きた大地震は24日、発生から5日目となり、自宅が倒壊、損壊するなどして行き場を失った被災者は余震や物資不足に悩まされ、疲労はピークに達している。夏に向けて感染症が広がる恐れもあり、被災者は「家も仕事もなく、将来の見通しが立たない」と先行きへの不安を口にした。倒壊などの損傷を受けたのは、ほとんどがれんが造りの建物。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信