外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】日本政府が武器輸出三原則に基づく事実上の禁輸政策の緩和を決定したことについて、中国国防省の楊宇軍報道官は28日、定例記者会見で関係報道に留意しているとした上で「日本が地域の平和と発展に寄与することを行うように望む」とけん制した。禁輸政策をめぐっては28日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報、中国中央テレビは同日、専門家のコメントを引用し警戒感をあらわにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信