【広州共同】ドイツで開催中のベルリン国際映画祭で、最高賞「金熊賞」を競うコンペティション部門への参加が決まっていた中国の巨匠、張芸謀(チャン・イーモウ)監督の「ワン・セカンド」など中国関連の2作品の出品が取り下げられた。いずれも「技術的な問題」とされているが、中国政府の意向が働いたとの臆測も出ている。香港メディアなどが13日伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。