外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国当局は15日までに、著名な改革派雑誌「炎黄春秋」を発行する出版社社長を退任させると決めた。メディア統制を強める習近平指導部による事実上の解任との見方が強く、出版社側は14日夜に声明を発表して激しく反発、法廷闘争も辞さない構えだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信