外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家統計局は15日、4~6月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年同期比7・0%増だったと発表した。成長率は1~3月期の7・0%と比べ横ばいだった。経済の減速懸念が高まったため政府が景気下支え策を連発し、成長鈍化を食い止めたものの、依然低水準にとどまった。中国経済は株式相場の動揺もあって、世界経済の不安要因になっており、同国政府は追加的な景気対策を迫られそうだ。

共同通信