外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国軍の戦闘機が5月下旬以降、沖縄県・尖閣諸島周辺に複数回にわたり接近し、最も近くて領空まで約50キロに迫っていたことが13日、日本政府関係者の話で分かった。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。政府は「接近事例が相次ぎ、異例の事態だ」(関係者)と警戒している。中国軍の艦船が6月9日に尖閣周辺の接続水域を初めて航行するなど、海域で活動を拡大しているのと同時に、空域でも活動を活発化させている実態が浮かび上がった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信