外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国政府が14日の習近平国家副主席来日に向け、所定手続きを経ずに天皇陛下との会見を特例的に認めるよう日本側に求めていることが11日判明。複数の日本政府関係者が11日、明らかにした。外国要人と陛下との会見には1カ月前までの文書での正式申請が前提。中国側からの申請は11月下旬だったが、鳩山首相は民主党の小沢幹事長らの働き掛けを受け、9日に平野官房長官に会見が実現できないか検討を指示したとされる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信