外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】中国・上海と浙江省杭州を結ぶ高速鉄道が開通し、国内最速の時速416・6キロの記録を持つ最新国産高速列車CRH380Aの一番列車が26日午前、上海虹橋駅を出発する。営業運転での最高時速は350キロ、同区間約200キロの距離を約40分で結ぶ。地元メディアによると、同型の国産列車は2012年の開通を目指す北京―上海(約1320キロ)にも投入される予定。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信