外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国メディアによると、広西チワン族自治区桂林市の小学校付近で2人が死亡した爆発事件の負傷者は9日、44人となった。香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは、社会に不満を持つ男性が報復のため事件を起こした可能性があると伝えた。目撃者によると、9日朝に男性が運転する三輪車が校門付近で爆発した。男性と近くにいた女性が即死。登校時間だったため、20人以上の児童が負傷したという。

共同通信