外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 航空自衛隊が、領空侵犯の恐れがあるとして中国機に対し緊急発進(スクランブル)した回数が2011年度、既に143回に上り、国別に公表を開始した02年度以降で最多となったことが19日、防衛省統合幕僚監部のまとめで分かった。これまで最も多かったのは10年度の96回。防衛省の担当者は「沖縄県の尖閣諸島に近づくパターンが増え、飛行時間の長い情報収集機が目立つ」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信