外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国外務省によると、劉振民外務次官が15日、木寺昌人駐中国大使を呼び、閣僚による靖国神社参拝に対し「強烈な抗議と厳格な非難」の意思を表明した。中国外務省が、首相ではなく閣僚の参拝だけで大使を呼び出し抗議するのは極めて異例。安倍政権による歴史認識の見直しなどの動きを踏まえ「抗議のレベルを一段上げてきた」(日中関係筋)との見方も出ている。

共同通信