外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省統合幕僚監部は16日、中国海軍の駆逐艦やフリゲート艦など計7隻が同日午前7時ごろ、沖縄県・与那国島南南東海域の日本の接続水域を通過したのを海上自衛隊のP3C哨戒機が確認したと発表した。接続水域の航行に国際法上の問題はない。現場海域は、与那国島と西表島の間の接続水域で、この海域を中国海軍の艦艇が航行するのは初めて。尖閣諸島の南の海上に当たり、北北東の尖閣諸島方面に向けて航行している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信