外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎県・五島列島沖の日本領海で操業したとして、外国人漁業規制法違反の疑いで中国漁船の船長鐘進音容疑者(39)が逮捕された事件で、漁船にサンゴ十数キロと、海底のサンゴを石で削って網に絡めて取る漁具があったことが20日、長崎海上保安部などへの取材で分かった。中国ではサンゴが高値で取引されているといい、漁船はサンゴ密漁が目的だったとみて調べている。同保安部は五島列島沖の警備を強化する方針。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信