外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国外務省は19日、武大偉朝鮮半島問題特別代表が16日から18日まで訪朝、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議再開問題などについて金桂冠外務次官らと意見交換したと発表した。武氏が特別代表に就任してからは初の訪朝。具体的な会談内容は不明だが、武特別代表は、哨戒艦沈没をめぐり米韓と厳しい対決姿勢を示す北朝鮮に対し、協議再開への糸口を探ろうとしたとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信