外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台湾の遊漁船と海岸巡防署(海上保安庁)の巡視船4隻が24日、沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)周辺の領海外側にある接続水域に一時入った際、中国の海洋監視船3隻が現れ、台湾側と協力しようとする動きを見せたことが分かった。同日、海岸巡防署が記者会見で明らかにした。中国当局は中台統一工作の一環として、尖閣をめぐる連携を台湾側に呼び掛けてきており、台湾には警戒感がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信