外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 海上保安庁は18日早朝、沖縄県・尖閣諸島周辺で、7日から航行を続けていた中国の海洋監視船4隻が領海外側の接続水域を出て、別の監視船4隻が同水域に入ったのを確認した。中国当局の船が尖閣諸島周辺を航行するのは10月20日以降、30日連続で交代は3度目。第11管区海上保安本部(那覇)によると、新たに接続水域に入ったのは「海監15」「海監26」「海監27」「海監50」。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信