外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域を航行していた中国海洋監視船4隻が、7日午後0時45分ごろから相次いで領海に侵入したのを海上保安庁の巡視船が確認した。中国当局の船が領海に侵入したのは国有化後、14回目。海保の巡視船が領海外へ退去するよう求めたところ、海監137から無線で、「(尖閣諸島は)中国固有の領土だ」と中国語と英語で応答してきたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信