外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】新華社電によると、中国初の空母「遼寧」が26日、山東省青島市の基地から出港した。南シナ海で科学研究や試験、軍事訓練を行う予定で、ミサイル駆逐艦2隻、ミサイルフリゲート艦2隻も参加。国内メディアは「就役以来、空母戦闘群として南シナ海で初の訓練」としている。沖縄県・尖閣諸島付近を通過する可能性もある。

共同通信