外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【香港共同】中国広東省の週刊紙「時代週報」は10日までに、今年の「中国で最も影響力があった100人」を発表。うち1人に、9月に沖縄・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件で日本当局に逮捕され、その後釈放されたセン其雄船長を選んだ。同紙の電子版によると、日本による違法な17日間の勾留の間、一貫して罪を認めず、釣魚島(尖閣諸島の中国名)が中国のものであると証明したのが選考理由という。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信