25日午前6時半ごろ、沖縄県・尖閣諸島の南小島沖の領海に、中国の海洋監視船3隻が侵入するのを第11管区海上保安本部(那覇)の巡視船が確認した。午前7時半ごろにはさらに1隻が入り、計4隻が領海内を航行した。11管によると、中国の監視船が領海に入ったのは3日以来。政府は首相官邸に設置していた情報連絡室を官邸対策室に格上げした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。