外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 28日午前7時45分ごろ、沖縄県・尖閣諸島の大正島北西約44キロの接続水域内を航行している中国漁業監視船2隻を、哨戒中の海上保安庁の巡視船が確認した。2隻は同島周辺を航行しているが、領海内には侵入していないという。第11管区海上保安本部(那覇)によると、2隻は「漁政310」と「漁政201」。20日朝から21日午後にかけて、尖閣諸島の魚釣島の接続水域内を航行した後、中国に戻ったばかりだった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信