外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】中国とフィリピンなどが領有権を争う南シナ海にある南沙(英語名スプラトリー)諸島周辺で今月中旬、中国海軍のフリゲート艦とみられる艦船がフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内で監視活動をしていたとして、フィリピン海軍が退去を要求、艦船が現場を離れていたことが29日、分かった。中国海軍が南シナ海で活発な活動を展開している実態があらためて浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信