外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国で対日外交政策に大きな影響力を持つ唐家セン元国務委員が北京で高村正彦自民党副総裁が会長を務める日中友好議員連盟と4日に会談した際、日本と台湾の議員交流に強い不快感を示したことが分かった。台湾で20日に発足する独立志向の民主進歩党(民進党)蔡英文政権との接近に中国側が神経をとがらせ、けん制したとみられる。複数の関係者が10日、明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信