外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6日午前10時12分ごろ、沖縄県・久米島から北北東約102キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で、中国海洋調査船「科学1号」が事前通報と異なる海域でワイヤやロープのようなものを垂らしているのを海上保安庁の航空機が発見した。第11管区海上保安本部(那覇)によると、航空機が無線で「現在の海域は事前通報の海域の外だ」と伝えたところ、科学1号から「事前通報海域内である」と応答があった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信