外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米議会の超党派諮問機関「米中経済安保見直し委員会」は16日、中国軍が日本列島やフィリピンを含む西太平洋地域の支配権掌握を目指す「領域支配戦略」を進めており、米軍に対抗するため、奇襲による先制攻撃能力を手にしつつあると警告する報告書を公表した。報告書は、中国軍が自国周辺に米軍を寄せ付けない「接近拒否」から、東シナ海や南シナ海での「領土」防衛にも戦略を拡大したと指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信