ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

中国軍のハッカー攻撃関与濃厚

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は18日、米企業や政府機関へのハッカー攻撃の圧倒的多数に、中国・上海に拠点を置く人民解放軍部隊が関与している疑いが濃厚とする記事を掲載した。被害企業を調査してきた米コンピューターセキュリティー企業が19日、攻撃元をたどると人民解放軍の「61398」部隊が入る上海のビル近辺に行き着いたとする報告書を公表予定。同紙は、報告書を独自検証したという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。