外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省統合幕僚監部は25日、中国軍のY8早期警戒機2機とH6爆撃機2機が同日午後、沖縄本島と宮古島の間の公海上空を抜け、東シナ海と太平洋を往復して飛行したのを確認したと発表した。航空自衛隊那覇基地から戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。領空侵犯はなかった。

共同通信