ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

中国軍、攻撃自制を指示

 【台北共同】2001年に中国海南島沖で米軍偵察機と接触した中国軍戦闘機が墜落した事故で、一緒に飛行していた中国軍戦闘機の元パイロットは当時、指揮部に米軍機攻撃を打診したが、戦争への危険を避けるため攻撃しないよう指示されたと明らかにした。15日付の台湾紙、中国時報が伝えた。中国側が自制しなければ事態がエスカレートする危険があった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。