外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国人民解放軍がミサイル防衛(MD)網構築へ向けて、敵の弾道ミサイル発射を探知する早期警戒衛星の実験衛星を打ち上げる計画があることが中国軍系の文書で24日、分かった。ミサイル攻撃に対処する地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の要となる「Xバンドレーダー」開発に着手したことも判明。いずれもMDの中核技術で、米国に対抗可能な包括的な開発を急いでいることが明確になった。

共同通信