外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】昨年12月に旧ソ連製空母を改修した「遼寧」を初めて西太平洋に航行させた中国軍は近く初の国産空母を進水させる。海軍の内部資料からは空母艦隊に加え、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)や大型強襲揚陸艦を「戦略装備」として増強、太平洋とインド洋で影響力を拡大して米軍への反撃力を構築しようとする海洋戦略の全体像が浮かび上がる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信