外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国のインターネット通信販売サイトで、日本企業の商品の模倣品が横行していることが10日、経産省の調査で判明。日本の消費者からの情報提供も急増しており、同省は中国政府に対策を要請するとともに消費者が被害を受ける恐れがあるとして注意を呼び掛けている。調査では、あるサイトで購入した化粧品とキャラクター商品の100%が模倣品。別サイトでも時計は60%、衣服は83%を模倣品が占めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信