外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国都市部の上位、下位各5%の最富裕層、最貧困層の世帯年収を比較したところ242倍もの格差が存在、格差幅も急速に拡大していることが3日、北京大学の調査で判明した。2010年、12年中国全土の約1万5千世帯(約5万7千人)を戸別訪問して比較。都市部では上位5%の総年収が占める比率が24・2%に対し、下位5%は0・1%で242倍。10年は約82倍で、わずか2年で差が約3倍に急拡大した。

共同通信