外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】ドイツを訪問中の中国の李克強首相は26日、ベルリン郊外のポツダムで演説し、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を念頭に「日本が盗み取った」と主張し、「世界平和を愛する人々は、第2次大戦の勝利の成果に対する破壊や否定を許してはいけない」と述べた。中国新聞網が伝えた。領有権を主張する尖閣について、第2次大戦などの歴史問題と関連づけて国際世論に訴え、日本への圧力を強める狙いがあるとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信