外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国証券監督管理委員会の郭樹清主席(閣僚級)は28日、北京で開かれた経済フォーラムで、尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる問題で「狭い民族主義を愛国主義と見なすべきではない」と述べ、反日デモ参加者が日本車を破壊するなど暴徒化したことを批判した。中国高官が公の場で反日デモに批判的な発言をするのは珍しい。郭氏は改革派として知られ、中国人民銀行(中央銀行)の次期総裁の有力候補とみられている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信