外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国外務省アジア局幹部が10月上旬ごろ、沖縄県・尖閣諸島問題の打開策を探るため、日本を極秘訪問していたことが分かった。幹部は日本政府関係者との非公式協議に臨んだが、進展はなく、平行線に終わった。複数の日中関係筋が15日明らかにした。次回協議の予定はなく、日中関係改善への兆しは依然、見えない。中国は尖閣に関する安倍政権の姿勢を繰り返し批判しており両国間の緊張状態は当分続く公算が大きい。

共同通信