【ジュネーブ共同】ジュネーブで開かれた国連人種差別撤廃委員会の会合で、中国政府代表は13日、新疆ウイグル自治区に少数民族ウイグル族ら100万人以上を思想改造する秘密の収容施設が存在すると訴える委員の指摘に対し「完全に虚偽だ」と否定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。