外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国で7日、912万人が受験する全国統一の大学入試が始まり、各試験会場では金属探知機や指紋照合機を設置するなどカンニング対策に追われた。中国ではハイテク技術を使ったカンニングや替え玉受験が横行。当局は「史上最も厳しいチェック」と強調した。入試は8日まで。カンニングの手口は、超小型カメラで試験用紙を撮影して外部の協力者に無線で送信。協力者からの回答をイヤホンで聞くなどの方法が主流だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信