外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】今月12日に国連総会で行われる人権理事会の理事国選挙で、アジアの改選枠4カ国を争う五つの立候補国のうちヨルダンが7日までに辞退を表明した。国連総会議長室が共同通信に明らかにした。同枠は事実上信任投票となり中国、サウジアラビア、ベトナム、モルディブの当選が確実になった。

共同通信