ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

中国、スパコン1位奪回

 世界のスーパーコンピューターの性能を比べる専門家のプロジェクト「TOP500」は17日、最新の計算速度ランキングを発表し、中国の国防科学技術大が開発した「天河2号」が日本の「京」などを抜いて世界一となった。ランキングは半年に一度更新され、中国の1位は2010年後半の発表以来、2年半ぶり。理化学研究所と富士通が開発した「京」(神戸市)は、前回の3位から4位となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。