外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国の男子バスケットボールの代表選手が17日、「思想教育」の名目で集められ、日中両国が対立する尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題などの講義を受けていたことが分かった。中国のインターネットメディアが18日伝えた。講師や講義の場所は不明だが、国家体育総局が関与しているとみられる。中国メディアは「日本による釣魚島『国有化』の政治過程」と書かれた説明資料が映し出されたスクリーンや、受講する選手たちが映った写真を掲載。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信