外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に北朝鮮のウラン濃縮施設を見学したヘッカー元ロスアラモス国立研究所長を招き、詳しい説明を聞くべきだとの提案に対し、中国が「北朝鮮の核問題は、6カ国協議で取り上げられるべきだ」として強く反対していることが13日、分かった。複数の国連外交筋が明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信