外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国政府が人口抑制のために30年以上実施している「一人っ子政策」について、早ければ年内にも緩和を拡大する方向で検討していることが21日、分かった。経済成長が鈍化する中、政策継続により超高齢化の到来が確実視され、見直しは「一刻を争う」(中国専門家)との見方が強まり、廃止論も出ているが、慎重論も根強いという。政策に詳しい研究者が明らかにした。

共同通信