外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】「欧州美術品基金」(本部オランダ)は17日までに、2011年の世界の美術品市場に関する報告書を発表、中国が市場規模で米国を上回り、世界一になったことが分かった。新華社などが伝えた。中国は経済成長で富裕層が拡大しているほか、政府のバブル対策で不動産市場が低迷し、株式市場も低調なことから投資マネーが美術品市場に流入。美術品は賄賂の品目で1位となったとの報道もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信