外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 フィリピンが南シナ海での中国との領有権争いでオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所に申し立てた仲裁手続きについて、中国当局が国内の報道機関に対し、裁判所が出す判断を「政治的挑発」とする統一見解で非難するよう指示したことが3日、分かった。判断は中国に不利な内容になるとみられており、国内で政府批判などが起きないよう「理論武装」する狙い。中国の複数の宣伝当局関係者が明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信